おぎはら皮ふ科、宝塚市中山寺、皮膚科、美容皮膚科、アレルギー科、漢方診療おぎはら皮ふ科

舌下免疫療法

『舌下免疫療法』とは

花粉症皮膚炎やアトピー性皮膚炎の増悪原因にスギ花粉症やダニアレルギーがあります。
アレルゲン免疫療法はその治療法のひとつとして注目されています。
アレルギーの原因であるアレルゲンを少量から投与することで、体をアレルゲンに慣らし、根本的な体質改善が期待できる治療法です。
近年では治療薬を舌の下に投与する「舌下免疫療法」が登場し、自宅で服用できるようになりました。
舌下免疫療法は注射による免疫療法よりも安全とされており、現状では海外の実績で重い副反応は極めて稀です。
当院処方の舌下錠は発売から約4年が経ちましたが、安全性が確認されたため、導入することになりました。
「舌下免疫療法」は、スギ花粉症またはダニアレルギー性鼻炎と確定診断された患者さんが治療を受けることができます。
※保険適用の治療です。
お薬代は3割負担の方で、ダニ舌下錠1ヶ月(28日)が約2300円、スギ花粉舌下錠1ヶ月(28日)が約1200円となります。

服用期間の例

1日1回、少量の治療薬から服用をはじめ、その後決められた一定量を数年間にわたり継続して服用します。初めての服用は、医療機関で医師の監督のもと行い、2日目からは自宅で服用します。

使用方法の例

治療薬を舌の下に置き、1分間保持したあと、飲み込みます。
お薬は舌の下に置くとすぐに唾液で溶けてなくなりますが、唾液はすぐに飲み込まず、保持して下さい。
その後5分間はうがい・飲食を控えます。
※スギ花粉症の場合、スギ花粉が飛んでいない時期も含め、毎日服用します。
※初回投与は5月以降となります。

対象者

スギ花粉症・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・5歳以上でスギ花粉症の診断が確定している方(血液検査)
・舌下錠を1分間舌下で保持できる方
・長期間(3年~5年)毎日の継続治療が可能な方

 

ダニアレルギー・・・・・・・・・・・・・・・・
・5歳以上でダニによるアレルギー性鼻炎の診断が確定している方(血液検査)
・舌下錠を1分間舌下で保持できる方
・長期間(3年~5年)毎日の継続治療が可能な方

 

※妊娠中の方、妊娠の可能性のある方、授乳中の方には処方できません。

期待できる効果

長期にわたり、正しく治療が行われると、アレルギー症状を治したり、長期にわたり症状をおさえる効果が期待できます。症状が完全におさえられない場合でも、症状を和らげ、アレルギー治療薬の減量が期待できます。

 

副作用について

主な副作用
・口の中の副作用(口内炎、口の中の腫れ、舌の腫れ、かゆみ、不快感など)
・唇の腫れ
・耳のかゆみ
・咽喉(のど)のかゆみ、刺激感、不快感
・頭痛など

 

重大な副作用
・ショック
・アナフィラキシー

 

アナフィラキシー
医薬品などに対する急性の過敏反応により、医薬品投与後多くの場合30分以内で、蕁麻疹などの皮膚症状や、腹痛や嘔吐などの消化器症状、息苦しさなどの呼吸器症状、突然のショック状態(蒼白、意識の混濁など)がみられること