おぎはら皮ふ科、宝塚市中山寺、皮膚科、美容皮膚科、アレルギー科、漢方診療おぎはら皮ふ科

肝斑

肝斑治療

「MedLite (メドライト) C6」による肝斑治療
ただのシミだと思っていても、もしかしたら肝斑かもしれません。
肝斑は一般的に30~40代のアジア人の女性に多く見られ、両頬に対称的に現れるのが特徴です。
主にホルモンが関係していると言われており、また他のシミと混在している場合が多いので、見分けるのが難しいのです。
従来レーザー治療が禁忌とされていた肝斑治療に画期的な効果をもたらす新しい治療法が「レーザートーニング」です。
肝斑のみならず、継続的に治療していくことでシミやくすみも改善します。毛穴も引き締まるのでお肌のきめが細かくなり、ハリのある肌になっていくのです。

肝斑の原因

ホルモン異常
妊娠や経口避妊薬などが発症を促したり、症状を悪化させます。

 

ストレス
ストレスをはじめとする不規則な生活や睡眠不足

 

紫外線
直接の原因ではありませんが、症状を悪化させることがあります。

肝斑の症状

左右対称のシミ
主に頬骨あたりや額、口の周辺などに左右対称のシミが現れて、蝶が羽を広げたような形で薄茶色に広く現れることもあります。

 

顔の血色不良
広い範囲で広がるため、顔色に影響を与えます。
一見血色不良に見られますが、実は両頬に広がる肝斑が原因の時もあるのです。

肝斑の治療方法