おぎはら皮ふ科、宝塚市中山寺、皮膚科、小児皮膚科、アレルギー科、漢方診療おぎはら皮ふ科

漢方診療

漢方診療

当院では一人一人のご症状に合わせたオーダーメードの漢方(保険適用)を、煎じ薬ではなく内服しやすいエキス剤で処方しております。西洋医学と漢方薬を組み合わせる事により今まで治療が困難とされてきた疾患にも対応できます。
漢方の粉が苦手な方には錠剤を処方したり、服用しやすくする飲み方「漢方薬の飲み方」のアドバイスもしております。(西洋医学が苦手な方には、漢方薬のみの治療も行っております。)
漢方には、すぐに症状を抑える対症療法と体質改善を目指す根本療法とがあります。
その時々に応じてこれらを組み合わせ、症状が出にくい体の環境作り、さらには根本的な治癒を目指していきます。
  漢方での根治の治療を考えると、患者さんの自覚症状や体にあらわれた異常症状と、見る・聞く・触るなど医師の五感による診察結果により、全身に作用する漢方薬を選ぶことになります。
例えば皮膚病を治す目的で、漢方でいう脾(消化器系)や大腸、肺へ作用する薬剤を処方することもあります。また、皮膚の症状の目的で処方したものが、他の症状を軽減することもあります。
漢方によって内側からなおるとよくいわれますが、これはこういった意味合いです。

自律神経失調症や冷え性、虚弱体質、ストレスによる体調悪化など科学的に証明が難しいため治療法が確立されていない病気も多くありますが、東洋医学は生命力の増強に優れており幅広い病気を治療できる強みがあります。
上記以外にも不眠・生活習慣病・関節痛・不妊など皮膚に限らず様々なお悩みもお気軽にご相談下さい。

漢方薬ってどんなものがあるの?

即効性のある漢方

・赤みの強い湿疹や虫刺され…炎症を抑える黄連解毒湯越婢加朮湯など
・にきびやおできの化膿…解毒する排膿散及湯十味敗毒湯など
・初期の帯状疱疹…(抗ウイルス薬に)越婢加朮湯をプラスすることで帯状疱疹後神経痛を回避

 

慢性的に繰り返す症状を改善する漢方

・アトピー性皮膚炎で乾燥型のタイプ…炎症をとりつつ、皮膚を潤す温清飲など
・上半身にトラブルがあり、足の冷えからのぼせがある方…血流を良くし
上半身ののぼせをとる桂枝加竜骨牡蛎湯など